看護師が楽に生きる

ケアマネ 過去問の4つの意味と使用方法を6つのステップで解説

◯才男性

ケアマネ試験はある程度インプットしたら過去問と予想問題とをやった方が良いですか?

このような疑問にお答えします。

過去問ってやるのが面倒

試験みたいにまとまった時間を使って取り組むのはハードルが高い

そのように考えている人は多いはずです。以前の私もそうでした。

過去問に力を入れずテキストをまとめる作業ばかり行っていました。

その結果、2度の不合格。

合格した年はとにかく過去問を行いました。

過去問(予想問題集)を一度も解かずに合格するのはほぼ不可能です。

今回の記事では過去問の使い方を徹底的に解説していきます。

この記事を読むことで過去問の重要性に気づき、その使い方をマスターすることができます。

筆者の紹介

  • 介護7年→看護学校へ入学。
  • 看護学校在学中に三度目の受験で第18回ケアマネジャー試験に合格しました。
  • 看護師国試験の勉強と並行して研修を受講し資格取得。
  • 看護師国家試験にも合格して現在は看護師として急性期病院に勤務しています。

どうせやるなら効率的に過去問を活用していきましょう。

試験の概要はこちらで確認

参考【受験前に確認を!】ケアマネジャーとは?取得のメリットと受験資格まとめ

ケアマネの資格を取ろうと思っています。 受験資格が変わったと言いますが詳しく知りたいです。 このような声にお応えします。 『上司にケアマネを取れと言われたけどハードルが高い。』 『来年受けてみようと思 ...

続きを見る

ケアマネ 過去問の4つの意味と使用方法を7つのステップで解説

過去問を解く意味は4つです。

過去問の意味

  1. 問題に慣れる
  2. 問題の傾向を知る
  3. 自分の理解度を知る
  4. 自信をつける 

↑これ

ひとつひとつ見て行きましょう。

①【問題に慣れる】問題を解いていく感覚をつかみましょう。

あなたはこんな人ではないですか?

  • 『そもそも試験なんて久しぶり』
  • 『勉強は5年ぶりです』

ケアマネの受験資格上、受験者にはこのような方も多いはず。

ケアマネ試験の概要は以下です。

試験概要

  • 120分
  • 60問
  • ワークシート形式

問題数は多くないですが難易度は高く、

初心者はそもそも時間内に最後の問題までたどり着けない場合もあります。

問題を読むこと、回答を選択するという感覚自体に慣れておきましょう。

②【問題の傾向を知る】どのような感じで問題が出るのか知りましょう。

『問題の傾向を知らずに試験に臨む』=『裸で戦地へ赴く』ことと同義です。

行く先が砂漠かもしれない、北極かもしれません。

当然、準備をしなければやられてしまいます(笑)

行く先、相手を知り備えをしていきましょう。

また問題に慣れてくると『この選択肢は絶対違う』『これはあり得ない選択肢だな』という感覚が出てきます。

数をこなすことも重要ですね。

③【自分の理解度を知る】分かっていない部分を洗い出して学習のきっかけにしましょう。

過去問に取り組むことで自分が理解できていない部分を洗い出すことができます。

ひと通りテキストをまとめて理解したつもりになっていても、問題を解いてみると

  • 『あれ、これってなんだっけ』
  • 『この前テキストで見たのにこれどういう意味?』

と理解できていないことが多々あります。

過去問の使用方法は下記で説明します。

そうした理解できていない部分を中心に学習のきっかけにしていきましょう。

④【自信をつける】 自信を持って本番に挑みましょう 

この自信が重要です。

過去問や予想問題集は成果が目に見えやすいです。

  • 何度も繰り返し解くことで、解けなかった問題が解けるようになる。
  • 分からなかったものが分かるようになったりする感覚があります。

この感覚が自信につながります。

これはテキストをまとめているだけでは得られません。

これだけやったから大丈夫!

これだけやって落ちたらもう仕方ない

↑と本番で腹をくくれるぐらいの方がリラックスできて力が出しやすいです。

では具体的に過去問の使用方法について見ていきましょう。

【過去問の使用方法】6つのステップで解説

過去問の使用方法は以下になります。

7つのステップ

  1. まずはひと通り解いてみる。
  2. 1問ずつ振り返る。
  3. 問題の中の選択肢を1つ1つを振り返る。
  4. 終わったらもう1度解いてみる。
  5. 次の問題を解いてみる。
  6. 終わったらひと通り解いてみる。

それでは見て行きましょう。

①まずはひと通り解いてみよう。答えを見ながらでもOKです

まずは1年分でいいので問題を解いてみましょう。

本番形式で時間を図りながら行うのがベストです。

時間がなければ答えを見ながらザっと解くだけでも良いです。

本番形式で解いた場合は、答え合わせも忘れずに行いましょう。

②1問ずつ振り返ろう。分からない所をピックアップ。

最初に取り組んだ時点ではほとんどの問題が分からなかったはずです。

解けなかった問題』ではなく『分からない問題』をピックアップしておきましょう。

まぐれでも『正解したから良いか』という考えはNGです。

あくまでも分からない所を振り返るのが目的です。

少しでも分からないと感じたらマーカーでもメモでもいいのでピックアップしておきましょう。

③選択肢の1つ1つをさらに振り返る。

例えば下記の問題を例に挙げてみましょう。

実際の問題です。少し見づらいですね。

下記です↓

地域密着型型サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ

  1. 看護小規模多機能型居宅介護は、市町村長が行う公募指定の対象である。
  2. 指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、夜間・深夜に限り、同一敷地内の施設等の職員をオペレーターに充てることができる。
  3. 指定療養通所介護事業所の利用定員は18人以下である。
  4. 指定小規模多機能型居宅介護の通いサービス及び宿泊サービスは、一時的に利用定員を超えることが認められる。
  5. 指定認知症対応型共同生活介護の共同生活住居については、居間と食堂を同一の場所とすることができない。

A 1、3、4

選択肢の分からない部分をひとつずつテキストを見ながら見て行きます。

特に選択肢として間違いのところは「何で間違いなのか」を徹底的に洗いだしていきましょう。

『1』の選択肢に対しても以下の疑問が出てきました。

  • 『看護小規模多機能型居宅介護』ってどんなサービス?
  • 市町村長が公募を行うものって他に何がある?
  • 都道府県が指定するサービスは?
  • 地域密着型サービスって他にどんなものがある?

これらの疑問が理解できるようにテキストに戻って調べていきます。

その際に問題集に書きこんでも良し、ノートにまとめを作ってもOKです。

私はノートにまとめつつ、簡単な単語などはシートを使うと消える赤ペンで問題集に直接書きこんでいました。

おそらく1つの選択肢を終えるだけでそれなりに時間がかかるはずです。

『1問分を終えるのに半日かかった』となるかもしれませんが、はじめはそれでもOKです。

④終わったらもう1度解いてみる。

1問分が終わったらその問題をもう一度解いてみましょう。

最初に解いた時よりも『あ、理解できている』という感覚があるはずです。

理解できているようなら次の問題へ。

分からない部分は振り返りましょう。

1問に何日もかけて完璧にする必要はありません。8割の完成度でもOKです。

⑤次の問題へ

③~⑤を繰り返します。

⑥全ての問題が終わったら1年分ひと通り解いてみる。

1年分の過去問を解いてみましょう。

1週目にやった時よりもある程度知識がついているので早く終わります。

分からなかった部分は振り返ります。

重要なのは同じ問題集を繰り返して行いその問題集を完璧にしていくことです。

これができていると恐ろしく実力がついています。

よくある疑問

過去問の使用方法についくつかの疑問があります。

まとめてみました。

3つの疑問

  1. 『ひと通り問題集を解きました。1度解いて正解の番号を覚えてしまいまったのですが、新しい問題集を取り組んだ方が良いですか。』
  2. 『問題集を始めるタイミングはいつがいいか。』
  3. 『どのような問題集を買ったらいいか。』

Q1 ひと通り問題集を解きました。新しい問題集を取り組んだ方が良いですか。

状況によります。

新しい問題集を買うケースは以下です。

  • ほとんどの問題の選択肢の内容が理解できた。
  • その上で回答も覚えてしまう程やり込んだ。

回答の番号を覚えるだけでは全く意味がありません。

選択肢の中にあるサービスの内容や疾患を説明できるほど理解しましょう。

理解できていない場合は、上記の方法で改めて問題集を行ってみてください。

Q2 問題集を行うタイミングはいつがいいか。

結論から言うと問題集は『一番最初』に行いましょう。

その時点では問題を解いて自己採点をするだけで良いです。

できれば本番形式で120分かけてやってみてください。

一番最初に行う目的は以下です。

  • 『ケアマネの試験はどんなものなのか』を知る。
  • 内容を知ることでテキストを見る目が変わる。

↑これ大事です。

本格的に本記事で紹介した方法で取り組み始めるのは

  • テキストをひと通り勉強してから
  • 遅くとも2か月前

上記のタイミングからは行っていきたいですね。

Q3 どのような問題集を買ったらいいか。

使っているテキストによります。

ユーキャンや、ニチイ学館など大手の会社が出しているものなら間違いないですね。

テキストと問題集の会社は同じものがおすすめです。

理由は1点です。

テキストと問題集がリンクしている場合が多い。

『テキストP〇参照』『問題集はP〇』など解説やイラストがテキスト、問題集の間でリンクしており使いやすいケースが多いです。

会社は統一しておいた方が無難ですね。

今から教材を選ぶという方は大手の物を利用しておけば間違いはありません。

テキスト込みの通信講座を探している場合は以下の記事を参考にしてください。

\\\超大手の5社を比較///

参考【ケアマネが教える】ケアマネ通信講座を比較!5選

ケアマネ講座ってどこを使ったらいいの?特徴を分かりやすく教えてください。 このような声にお応えします。 この記事を書いている私も、通信講座を利用しケアマネ試験に合格しています。 看護師免許も所有してお ...

続きを見る

まとめ

今回の記事では以下のことを解説していきました。

まとめ

過去問の目的
  1. 問題に慣れる
  2. 問題の傾向を知る
  3. 自分の理解度を知る
  4. 自信をつける
過去問の使い方
  1. まずはひと通り解いてみよう。
  2. 1問ずつ振り返ろう。
  3. 問題の中の選択肢を1つ1つを振り返る。

合格するための勉強は大変です。

しかし、頑張った分は報われますので後悔しないようにやっていきましょうね。

今回はこの過去問をベースに解説しました。

\\\まだ過去問を持ってない人は要チェック///

参考記事【ケアマネ試験当日】実際にあった5つの『やらかし』 体験談

参考記事【画像で解説】ユーキャンのケアマネ教材【実際に使用してみた感想】

介護士を7年経験。副業アルバイトも加え猛烈に働き1年間で200万円貯金し看護学校へ。看護師へ転職し現在は急性期病院で2年目Ns+副業として介護施設でアルバイト+ブログにて情報発信中。ブログでは2桁の収益化に成功。

2021/3/4

【画像で解説】カイゴジョブ利用の流れ。実際に登録して確認しました。

カイゴジョブの利用を考えています。登録~利用の流れを教えてください。 このような声にお応えします。 この記事を書いている私は介護歴8年、介護転職サイトを使って転職を成功させています。 実際にカイゴジョブも登録・利用しています。 『カイゴジョブ』は月間利用者55万人の日本最大級の大手介護転職サイトです。 しかし、転職経験がない方は『転職サイト』という言葉自体、耳なれないのではないでしょうか。 私も以前は転職サイトに以下のイメージがありました。 転職サイトってあやしいよね こんなので転職できるの そもそも使い ...

ReadMore

2021/2/23

【実体験】カイゴジョブは料金がかからない?利用して確認してみた。

カイゴジョブの利用を考えています。 このような転職サイトはなぜ無料なのでしょう? 他サイトに比べてメリットはありますか? この記事を書いている私も介護転職サイトを使って転職を成功させています。 今は介護福祉士、ケアマネ、看護師などの資格を持ちNsとして活動しています。 介護転職サイトの中でも大手であるカイゴジョブ。 転職経験がない方は『転職サイト』という言葉自体が耳慣れないのではないではないでしょうか? 私も以前は以下のような疑問がありました。 本当に無料で利用できるの? こんなので本当にいい転職ができる ...

ReadMore

2021/1/30

【介護福祉士が教える】実務者研修とは?ヘルパー1級との違いを解説

介護の資格を取りたいのですが何かおすすめのもはありますか。 介護の資格って色々なものがあって、何を取ったらいいか分からないですよね。 私は数多くの介護関連資格を取りましたが、『これはムダだった』と思う資格もありました。 国家資格、民間資格など多くのモノがあり、その質はピンキリ。 『資格取得のために勉強したけど、現場では全く使えない』というケースも実際に多いのです。 今回は『ムダなく資格を取りたい介護初心者』『今後キャリアアップしていきたい』という方へ向け、おすすめ資格である『介護実務者研修』ついて語ってい ...

ReadMore

2021/1/31

喀痰吸引等研修ってどんな資格?2つのメリットと、知っておくべき4つの受講要件

スキルアップのために喀痰吸引の資格をとりたいと考えているのですが、おすすめですか? このような声にお応えします。 介護、福祉関連の資格って、いくつもあって何を取ったらいいか分からないですよね。 資格の質はピンキリです。 私はたくさんの資格を取得してきましたが、時間とお金をかけて取得したけどまったく使えないというケースも少なくありませんでした。 今回はそんな失敗をふまえて、現場で確実に必要とされている『喀痰吸引等研修』を紹介します。 筆者の紹介 7年間の介護経験あり。介護関連の情報には精通しています。 所有 ...

ReadMore

2020/12/18

【介護福祉士】資格の難易度と勉強のポイントを解説。

介護福祉士の資格は難しいですか。 介護施設で働くだけでは取れませんか。 筆者の紹介 7年間の介護経験あり。現在は看護師をしながら福祉関連のブロガーとして活動しており、介護関連の情報には精通しています。 所有資格は看護師、介護福祉士、ケアマネジャーをはじめ複数所持。 認知症の講師としての活動経験あり。 本記事の内容 介護福祉士とは 介護福祉士を取る3つのメリット 受験条件、4つのルート 試験概要 勉強のコツ   今回の記事では介護資格のど真ん中、『介護福祉士』について解説します。 結論から言うと介護福祉士は ...

ReadMore

-看護師が楽に生きる

© 2021 食パンブログ Powered by AFFINGER5