介護士

【介護福祉士】資格の難易度と勉強のポイントを解説。

  • 介護福祉士の資格は難しいですか。
  • 介護施設で働くだけでは取れませんか。

筆者の紹介

  • 7年間の介護経験あり。現在は看護師をしながら福祉関連のブロガーとして活動しており、介護関連の情報には精通しています。
  • 所有資格は看護師、介護福祉士、ケアマネジャーをはじめ複数所持。
  • 認知症の講師としての活動経験あり。

本記事の内容

  • 介護福祉士とは
  • 介護福祉士を取る3つのメリット
  • 受験条件、4つのルート
  • 試験概要
  • 勉強のコツ

 

今回の記事では介護資格のど真ん中、『介護福祉士』について解説します。

結論から言うと介護福祉士は若干ハードルが高い資格です。

取得するにはいくつかの条件を満たさないといけません。

この記事を読むことで介護福祉士のメリット、具体的な取得方法を理解することができます。

これから介護の仕事を始める方は、この記事を最後まで読んでみてください。

前置はこの辺りにして始めましょうか。

【介護福祉士】資格の難易度と勉強のポイントを解説。

そもそも介護福祉士とは?という所から話していきます。

下記です。

介護福祉士とは

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とする国家資格。

福祉系では、社会福祉士・精神保健福祉士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である。

社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた、社会福祉業務(身体介護・生活援助など)に携わる人の国家資格である。

出典:Wikipedia

介護福祉士の名称のもと、介護や生活援助を提供する資格になります。

主な仕事は以下です。

  • 身体介護(食事介助、入浴介助、移動介助、移動、排泄介助など)
  • 生活援助(そうじ、洗濯、調理など)
  • 介護に関する相談援助

生活援助ではそうじ、洗濯などの家事、調理、買い物などの支援を行います。

言われたことを全て行うのではなく、利用者のできることは一緒に行い、『自立支援』につながるように援助を行います。

相談援助では、介護を行う家族や、本人に対して、介護の指導(アドバイス)を行します。

介護福祉士を取る3つのメリット。

メリットは以下になります。

  • キャリアアップにつながる資格
  • 転職につながる
  • 給与アップにつながる

それぞれ見て行きおましょう。

キャリアアップにつながる資格

介護福祉士は介護業界の中でも中堅クラスの資格になります。

キャリアアップのイメージは以下ですね。

画像引用:三幸カレッジ

次のキャリアである『ケアマネジャー』は該当の国家資格を持った上で数年の実務経験が必要になります。

国家資格である介護福祉士は、今後のキャリアには必須の資格になっていますね。

転職につながる

介護福祉士は認知度も高く転職に大いに役立つ資格です。

実際に多くの会社が『介護福祉士』を条件に募集を出していますね。

↑上記です。

取得するのにはいくつかの条件があり、持っているだけで介護士として、一定のスキルがあると見らます。

転職の際には『介護職員初任者研修』『実務者研修』以上の好材料となります。

実際にもできる業務も増えます。

以下です。

  • 喀痰吸引
  • 経管栄養

上記のスキルを必要とする介護施設は多く、介護福祉士の需要は多いと言えます。

給与アップにつながる

介護福祉士は、介護業界なら確実に資格手当に該当する資格です。

介護福祉士と無資格者の給与の差は以下です。↓

資格 給与
介護福祉士 31万3920円
無資格者 26万1600円

※平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果より

介護福祉士の方が50.000円近く給与が多いことが分かります。

受験条件

資格取得には以下の方法があります。

  1. 厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する方法
  2. 3年以上介護等の業務に従事した者等が介護福祉士国家試験に合格する方法

公益社団法人 日本介護福祉士会

※EPAとは外国人が海外で働くための条約になります。

まずは自分に受験しがあるかをチェックしましょう。

ルートは主に3つです。

  • 養成施設ルート
  • 実務経験ルート
  • 福祉系高校ルート

養成校ルートは高校卒業後に2年間もしくは、3年間の専門学校を卒業し、受験資格を取得します。

実務経験ルートの場合は以下になります。

  • 実務経験3年+実務者研修
  • 実務経験3年+介護職員初任者研修+喀痰吸引等研修

介護職員初任者研修は130時間、実務者研修は450時間の研修が必須になっています。(介護職員初任者研修を受けている場合は130時間の免除あり)

3年間の実務経験の間にこの研修をクリアしなけれればなりません。

ハードルは決して低くはありませんよ。

介護職員初任者研修については下記を参照にしてください。

参考【介護職員初任者研修とは】3つのメリットと、無料で資格をとれる方法を紹介します。

私は今度介護の仕事をするのですが資格をもっていません。 これから働いていくうえで資格を取得したいのですが働きながら取れる福祉の資格はどのようなものがあり、どうすれば取得できるのでしょうか? 介護をする ...

続きを見る

合格率

ここ5年間で見ると7割が合格しています。

試験自体は、決して難しくないことが分かりますね。

  合格点 合格率 受験者数 合格者数
第32回 令和元年度 77点/125問 69.9% 84,032人 58,745人
第31回 平成30年度 72点/125問 73.7% 94,610人 69,736人
第30回 平成29年度  77点/125問 70.8% 92,654人 65,574人
第29回 平成28年度 75点/125問 72.1% 76,323人 55,031人
第28回 平成27年度 71点/120問 57.9% 152,573人 88,300人
第27回 平成26年度 68点/120問 61.0% 153,808人 99,689人
第26回 平成25年度 68点/120問 64.6% 154,390人 93,760人

合格基準

試験の概要についても確認しておきましょう。

以下です。

試験日

1月上旬

3月上旬

試験時間

午前、午後、110分

科目 人間の尊厳と自立、介護の基本
人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
社会の理解
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
医療的ケア
総合問題
合格基準

筆記60点

実技60点

出題形式 5つから1つを選ぶワークシート

実技が必要なのは、福祉高校ルート、EPAルートで受験した場合のみです。

「介護技術講習」を受講した場合には免除になります。

勉強の2つのコツ

意識するのは下記になります。

  • 隙間時間を活用する。
  • 過去問を活用する。

詳しく見て行きましょう。

隙間時間を活用する。

隙間時間とは以下です。

電車の待ち時間や乗車時間、休憩中、レジの待ち時間、トイレの時間など、予定と予定の合間の時間を言います。

社会人の勉強は、時間との戦いです。

仕事、家事、育児などの合間にコツコツ勉強しなければなりません。

隙間時間はしっかり活用しましょう。

おすすめなのはあらかじめ、やることを決めておくというものです。

5分

スマホで問題を1問解く。

解説を読む。

10分

分からない単語をスマホで調べる。

問題を数問解き、解説を確認する。

20分

YouTubeで気になっていた解説動画を見る。

机に座って問題を解く。

このように、『時間ができたらやること』をリスト化して自分の中で決めておくと、迷わず作業に移れるので時間を無駄にしなく済みます。

いつでも勉強できるように、スマホのアプリや、小冊子をいつでも持ち歩きましょう。

過去問を活用する。

過去問や、予想問題集などを解かずに受かることは不可能だと思って下さい。

問題に慣れておくことは合格する上で重要です。

問題を繰り返し解くことで知識が定着します。

遅くとも試験の2、3か月前から取り組んでおきたい所ですね。

まとめ

今回の記事では以下のことを解説しました。

  • 介護福祉士のメリットは、キャリアアップ、転職につながる、給与アップにつながる。
  • 合格率は70%前後。
  •  勉強は隙間時間と、過去問をしっかり活用しよう。

介護福祉士は受験までのハードルが高いです。

研修をこなしながら、しっかり勉強していきましょう。

介護士を7年経験。看護師2年目。副業アルバイトも加え猛烈に働き1年間で200万円貯金し看護学校へ入学した経験あり。ケアマネ資格も保有しています。体験談をベースに、看護師、介護士、ケアマネの情報を発信しています。

-介護士

© 2021 食パンブログ Powered by AFFINGER5